美容

頭皮ケアのイロハ【シャンプーが左右する今後の髪の毛】

植物で髪を染める

女性

身体と地球に優しい

白髪が増えてきたけど白髪染めは髪の毛が痛みそうだから抵抗がある、という人は意外と多くいます。そして、そんな人達に大変人気となっているのが「ヘナ」です。ヘナは熱帯地域にある植物で、その葉っぱにオレンジ色の色素が含まれています。この色素はタンパク質と結びつく性質を持っているため、ヘナを使用することで髪の毛にオレンジの色素をくっつけることができるのです。ヘナは植物なので、身体にも地球環境にも負担が少なく済みます。市販の白髪染めが身体に合わないという人も使うことができます。また、ヘナには髪を健康にする効果もあります。白髪染めをしながら、髪が健康になり、艶のあるサラサラの髪の毛が手に入れることができるのです。

コツを掴めば簡単

市販されている普通の白髪染めを使ったことがある人が初めてヘナを使う場合、知っておくべきことがあります。それは、染髪に時間が掛かるということです。通常の白髪染めは、短時間で染められるように薬剤が調合されています。ヘナは自然由来のものですので、染めるのに少々時間がかかります。時間をかければきちんと染まり、色も抜けません。髪の毛へのダメージや、かぶれの心配もないので、ヘナを使うメリットは非常に大きいです。ただし、ヘナで白髪染めを行った後、2日から3日程度匂いが残ります。ですので、お仕事をされている人は週末か、まとまった休みがとれた時に行うのが良いでしょう。匂いの好みは人それぞれなので、まったく気にならないという人もいれば、とても苦手だという人もいます。自分自身がヘナの匂いが得意ではない場合には、アロマオイルを数滴混ぜると、匂いが緩和されます。